浮気調査の費用を損害賠償として相手に請求できる?

浮気調査にかかった費用は損害賠償として請求できる?

浮気調査で払った費用を、浮気したパートナーや
浮気相手から取り戻したいと思った方は多いはずです。

まず、探偵に払った浮気調査の費用は、浮気したパートナーや浮気相手に請求することは可能です。

ただし、必ずしも浮気調査の費用全額を払ってもらえるとは限りません。

なぜ費用の全額を払ってもらうことができないのか、詳しくご紹介したいと思います。

浮気調査の費用は損害賠償として請求できるが例外もある

最初に述べましたが、
浮気調査の費用は損害賠償として請求できます。
請求する相手は、浮気を行ったパートナーと浮気相手です

この損害賠償請求ですが、浮気の慰謝料として請求を行います。

浮気の慰謝料とは、「浮気によって被った損害の賠償」ですから、当然、探偵に浮気調査を依頼したのは、 パートナーが浮気したことが原因ですので、浮気調査の為に払った費用は慰謝料として請求できます。

パートナーや浮気相手に、慰謝料を任意で請求した場合、浮気をしたパートナーや浮気相手が浮気を認め、 慰謝料請求に応じれば、浮気調査の費用全額と慰謝料を払ってもらえます。

しかし、裁判で慰謝料を請求した場合、浮気の慰謝料として浮気調査の費用が認められる場合と認められない場合があります。

認められた場合でも、浮気調査の費用全額を受け取れるのではなく、請求した一部となる場合が多く、だいたい浮気調査費用の1割程度が実際に払われる金額になるようです。

任意で慰謝料を請求した方がお得?


裁判では浮気の慰謝料に、浮気調査の費用を上乗せして請求するのは難しいです。

一方、任意で浮気の慰謝料を請求すれば、慰謝料に浮気調査の費用を上乗せした金額を請求できます。

そのため、裁判で慰謝料を請求するよりも、任意で慰謝料を請求した方がお得ではないかと思ったでしょう。

しかし、任意の慰謝料請求には問題点もあります。

  • パートナーや浮気相手が浮気を認めない場合もある。
  • 慰謝料を踏み倒す可能性がある。
  • 慰謝料の請求に強制力が無い。
  • 任意の交渉は全て自分が行わなければならない。

など。

このように、任意では浮気をしたパートナーや浮気相手が、浮気した事を認めない、言い逃れをして浮気をうやむやにしたりといったことがあります。

また、浮気を認めて慰謝料の支払いに応じたとしても、
必ずしも慰謝料を払ってくれるとは限りません。


それでも浮気の慰謝料を任意で請求したい場合は、
事前にしっかりと準備が必要です。

慰謝料を請求する際の準備

慰謝料を請求する際の準備で、「浮気の証拠」は
絶対に必要です。


浮気をしたパートナーや浮気相手が、言い逃れをしようとしても、しっかりとした「浮気の証拠」があれば言い逃れを防ぐことができます。

また、浮気した事を認める念書の準備から、慰謝料の支払いに強制力を持たせるため公正証書の準備も考えておくべきです。

浮気の証拠は、浮気調査で手に入れることができますが、
念書の作成や公正証書の準備は自分で行う必要があります。

この念書や公正証書の準備は、インターネットを調べればある程度の情報を集めることができます。

ですが、万全を期すなら、法務の専門家に相談をしてアドバイスしてもらうことをおすすめします。

浮気をしたパートナーや浮気相手との交渉方法でも、法務の専門家に相談できますので、任意で慰謝料を請求したい旨を伝えて、 交渉方法についてもアドバイスしてもらうといいでしょう。

浮気の慰謝料に関する気になる記事

▲ ページ先頭へ