素人のGPS調査はバレる?GPSを使う浮気調査でよくある失敗

素人のGPS調査はバレる?

浮気調査をするときにGPSの利用はとても役に立ちます。

GPS装置のレンタルも普及しはじめ、素人の方でも自分で車両にGPSを取り付けて浮気調査を行なってみようと考えている方もいるのではないでしょか?

しかし、素人の方が行なったGPSの取り付けでは
予期せぬ失敗が起こることがあります。

よくある失敗例としては

  • 「取り付けた場所が悪くてGPS受信できない」
  • 「走行中にGPSが脱落した」
  • 「GPSの電池が切れた」
  • 「車両のエンジンの熱でGPS機器が故障した」
  • 「車両をキズつけてしまった」
  • 「GPSを取り付けたことががバレてしまった」

などがありますが、それぞれどのような失敗なのか
詳しく解説していきましょう。

失敗1「取り付けた場所が悪くてGPS受信できない」

取り付けた場所が悪くてGPS受信できない
GPS装置はGPS衛星からの電波を受信して相手の居場所を
特定しています。

受信機の受信環境が悪ければ現在地と誤差が発生して
実際の場所から数キロ離れた場所に表示されたり
受信されなかったりすることがあり相手がどこにいるわからなくなります。

せっかくGPSを仕掛けてもうまく受信できなければ正確な情報はつかめず意味がありません。

失敗2「走行中にGPSが脱落した」

走行中にGPSが脱落した
GPSを車両の底に取り付ける際に、しっかりと固定させなければGPSが走行中に脱落してしまいます。

走行はかなりの衝撃が加わるので、落ちないことを確認したつもりであっても落下したというのは良く聞きます。

脱落しないためには適切な場所に取り付ける必要があります

失敗3「GPSの電池が切れた」

GPSの電池が切れた
GPSは充電がなくなったら再度充電して使用しなければ
いけません
。 浮気が怪しい日にちょうど充電が切れて居場所がわからなくなっては意味がありません。

取り付けたあともご自身での機材管理が必要になります。

失敗4「車両のエンジンの熱でGPS機器が故障した」

車両のエンジンの熱でGPS機器が故障した
走行中の車両は、エンジンがかなり高温の状態になります。

GPS装置は精密機械なので熱に弱く、設置する場所が
悪ければエンジンの熱で電波の受信装置が壊れてしまいます

長時間高温の状態にさらされると現在地の表示に誤差がでたり電源が付かないといった故障を引き起こすことがあります。

失敗5「車両をキズつけてしまった」

車両をキズつけてしまった
GPSを取り付けるには車両の下にもぐって設置をしなければいけません。

スペースの広い駐車場であれば取り付けることは難しくありませんが、狭い場所に無理な体勢で設置しようとすると車両に傷をつけてしまう可能性があります。

車両の点検や修理に出したときに、車屋にGPSを見つけられて本人にもバレてしまったということはあるので注意しなければ行けません。

失敗6「GPSを取り付けたことががバレてしまった」

GPSを取り付けたことががバレてしまった
相手に見つかりにくい場所にGPSを設置しなければ、
仕掛けたことに気付かれる危険があります。

隠し場所が不適切であれば、車内であれば掃除しているときに簡単にバレてしまいます。

車外であっても一目で不審なものが付いているとわかる場所に仕掛けてしまうと、少し覗かれただけでバレる危険があるので注意が必要です。


一見簡単そうに見えるGPSですが、適切な位置に取り付けなければGPSの電波受信がうまくいかなかったり本体の落下で故障や紛失にも繋がります。

格安のレンタルを選択したはずが高額の弁償代金を支払うリスクや相手にバレるリスクを考えるとやはり専門業者に依頼をしたほうが良いと言えるでしょう。

Akai探偵事務所では長年の浮気調査の経験からGPS使用のノウハウや、常に最新機材の導入も行なっていますので浮気調査に関してのご質問があればお気軽にお問い合わせ下さい。


浮気調査に関するコラム

▲ ページ先頭へ