浮気調査の一般的な調査期間とは?
時間を短く料金を抑える方法

浮気調査で浮気の証拠が取れるまでに、どれぐらいの期間が必要なのか、気になった人もいるのではないでしょうか。

浮気の証拠は、運がよければ1日で取れることもありますが、1つの浮気の証拠を取れるまでの期間は平均して1週間〜3週間ほどになります。

ただし、全ての浮気調査がそうではありません。浮気の証拠は2つ3つとあったほうが、離婚や慰謝料の交渉で有利になります。

浮気の証拠を2つ3つ手に入れようと思ったら、浮気調査の期間は長くなります。

浮気調査の条件によって調査時間は違います。この調査時間は浮気調査の料金に大きく影響します。 そこで、浮気調査の調査時間を短縮するための方法について簡単にご紹介しようと思います。

調査時間を短縮して料金を安くする方法

浮気調査にかかる時間は、浮気調査の料金に深く関係しています。

調査時間が15時間の浮気調査と、調査時間が30時間の浮気調査では、料金が倍ほど違います。
そのため、単純に浮気調査の料金を節約したいなら、調査時間を短くすれば、料金を安くすることができます。

しかし問題は、どうやって調査時間を短縮するかです。

浮気調査の調査時間を短くする方法として、
2つの方法が考えられます。

1.調査効率の良い探偵に浮気調査を依頼する

調査効率の良い探偵とは、料金の単価が安い探偵と
言い換えてもいいかもしれません。
探偵は各業者で、独自に調査料金を設定しています。浮気調査を依頼するため、探偵事務所の料金を調べた方は既にご存知だと思います。

そして、探偵事務所には料金が高い業者と料金の安い業者があります。

この料金の安い業者は、料金を安くするため、無駄な調査を極力減らす努力を行っている業者です。無駄な調査を行わないということは、調査時間の短縮につながります。

浮気調査の料金が安い探偵を探せば、その結果として、調査時間を短縮することになります。

2.浮気の証拠が取れる日に浮気調査を行う

この方法をご覧になって、浮気の証拠が取れる日がわかれば、そもそも探偵に浮気調査を依頼しないと思ったかもしれませんが、 この浮気の証拠が取れる日を特定する方法がわからないと思います。

パートナーと一緒に生活をしていれば、パートナーの異変に気づくことができるかもしれないため、浮気相手とパートナーが一緒に居る日をおおよそ予測できるかもしれません。

しかし、パートナーと別居していたり、単身赴任をしているパートナーが、いつ浮気相手と会っているか予想するのは難しいです。

そこで、浮気の証拠が取れる日が思い当たらないという人は、イベント日に浮気調査を依頼してみてはどうでしょうか。

イベント日とは、パートナーの誕生日やバレンタイン、クリスマスといった恋人にとってのイベント日のことです。

浮気をしている人で、イベント日を浮気相手と一緒に過ごす人がいます。特に夫婦が別々に暮らしていた場合は、浮気相手と一緒にイベントを過ごす可能性は高くなります。

イベント日に絞って浮気調査を行えば、調査時間を短縮できるはずです。

この2つの方法で、浮気調査の調査期間を短くして料金を安くすることができるはずです。

しかし、ここまでは浮気調査を短縮する方法についてご紹介してきましたが、どうしても浮気調査に時間を必要とする場合があります。

その理由は、浮気の証拠は1つよりも、証拠が2つ3つとあったほうが、離婚や慰謝料請求の交渉を有利にするだけでなく、 調停や離婚裁判では、浮気の悪質性の高さを強く印象づけることができるので、判決でも有利になる可能性が高くなります。 複数の浮気の証拠を集めるためには、浮気調査の時間が長くなってしまうことがあります。

浮気調査の時間を短縮するのは、浮気調査の料金を安くすることができる一方で、 パートナーの浮気を証明する証拠が十分に揃わない可能性があるということを忘れないでください。

▲ ページ先頭へ